Friday, October 20, 2017

お茶のお稽古 第五回お品書き

お品書き
1.煎り銀杏
2.ムカゴのバター和え
3.ほうれん草と菊花のお浸し
4.タラコの煮付け
5.舞茸ご飯
6.赤カブの甘酢漬け
写真がないお料理
1.おおなめこの味噌汁
2.小絹揚げの生姜餡かけ
3.香の物:べったら漬け、浅漬け牛蒡
4.焼安納芋
5.種なし柿(奈良産)

 煎り銀杏:油で煎ることで薄皮がきれいにはがれます

 ムカゴのバター和え:少しメイプルシロップを加えて甘みをだしています

 ほうれん草と菊花のお浸し:菊花は出汁で色落ちしますから、直前に和えるのをお薦めします

 タラコの煮付け:酒/薄口醤油/味醂で煮付けました

舞茸ご飯:人参、刻みあげとい

赤カブの甘酢漬け:山形のものです。

お茶のお稽古(第五回目)

先週末からずっと雨、それもかなりの振り方で、ちょっと滅入りますね。それに寒い。昨日から暖房入れはじめました。一昨日は、午前中いい天気だったのに。これから台風も近づいて来るようで、天候の回復が見込めないちょっと憂鬱な週末です。
この前の日曜日に第五回目のお茶のお稽古がありましたので、その様子を。

 床の間です

 掛け軸は以前のお稽古の記録を表装したもの

 床の間の花は、紫式部、秋明菊、ホトトギス

 今回のお釜と棚

 秋明菊

ホトトギス

Tuesday, October 17, 2017

調達食材 魚料理2

鰊のぬか漬けです
しょっぱいですが、うまいですよ。

 腹の部分が少しやけすぎていますが、ここは内臓をだして、身が薄くなっているため、火が入りやすいですね。でも、香ばしそうに焼けています。
美味しかったですよね。白いご飯を用意して、最後はお茶漬けなんか最高です。

 尾に近い部分の焼き加減は最高でしょ

 こちらが現物、アラスカ産の鰊ですが、こんな手のかかること日本人にしか思いつかない。

糠を落とすとこんな感じ、頭と尾は落とし、適当な大きさに切って焼きました。


調達食材 魚料理1

小樽でゲットしたホッケです。大きいまま焼くのは、自宅の魚焼器では無理なので、適当な大きさに切りました。
1尾を二人でわけると丁度いい量になります。

 渋草焼きのお皿にぴったし、うまそうに焼けました。師匠にもいい感じに焼けていると褒めて頂きました。

こちらがホッケ、肉厚ですよ、ここのホッケは


調達食材 チーズ料理2

ゴーダチーズオムレツ

 玉子3個に牛乳50cc程度を加え、よく攪拌。バターを引いたフライパンで玉子にほぼ火が入ったら、刻んだゴーダを加えて、形よく成形。出来上がりです。
これは2回目の作。1回できれいに出来るのはプロ。私はアマチュアなので、2回やってもこの程度。

 こちらは1回目、玉子に火が入りすぎて破れ、チーズがそとに出てしまいました。形もうまく成形できなかったし、焼きすぎだし。

こちらが使用したゴーダチーズ

調達食材 料理チーズ1

今回の食材調達の旅でゲットした材料を早速使用してみました。
まずはチーズ。

 新しく手に入れたケーキ皿に、早来夢民舎のチーズを盛り合わせてみました。
セルバチコでよくみえませんが、上にカマンベール(生)、下にゴーダチーズです。セルバチコはもちろんベランダから、トマトは市販品。なかなかいい色合いでいかがでしょうか。

 こちらが夢民舎のカマンベール(生)

同じく夢民舎のゴーダ

調達食材 追加

1本忘れていました。レアなワインだったので、別扱いにしていました。
Niki Hillsの「初雪」、ブドウはケルナー、ちょっと曰くのあるワインです。
大切に保存しているので、飲んだらまた報告します。

 写真が真ん中でなくて申し訳ありません。ラベルの印字を何とかわかるように写したくって、そっちに気がいってたら、正面からずれちゃいました。

なんか、思い入れのあるワインのようで、こんなコメントがついています。



調達食材 酒

お腹の調子が悪くって、眠れないのでPCの前に。
何とかならないかな。。。。。。
今回の食材調達の旅、最後のアップはお酒です。最初に訪問したワイナリー、最北端の酒蔵、国稀酒造から取り寄せました。

 山崎ワイナリーの赤、品種はツバイゲルト

 富良野ワインの白、品種はケルナー
これは思ったより美味しかった。

 国稀の千石場所、師匠お薦め!

 国稀の純米ひやおろし

 上撰 国稀

 国稀

吟醸 酒粕焼酎 泰蔵
これから順番に味わいます。。。。。


Friday, October 13, 2017

オイルサーディン

近くのマーケットで売っているオイルサーディン。なかなかうまいのでご紹介を。

 缶詰のもの(外国産)と比べかなり大きいです

 トマトを合わせ

 残っていたチーズを無理矢理乗せて

お供は湊屋藤助、うまい!


いくらの醤油漬け

丁度北海道では漁が最盛期かもしれません。でも今年は太平洋側が不良だそうです。久しぶりに美味しそうだったので一腹。醤油漬けにします。

 購入状態
これをばらして、イクラにします。

 醤油と味醂と酒でつけます

 一晩でこんなにぱんぱんに

 まずは味見

いくら丼にしました。きれいな色につかりました。。。


新しいアイテム

この夏にお願いしていたお皿と湯飲みが完成しました。
毎日同じ食器を使っていると、ちょっと飽きがくるのでいいタイミングです。

 ケーキ皿です。真ん中が平たいです。ケーキをのせるつもりは全くなく、洋風の料理に使いたいかと

 湯飲みです。上下の青いラインが気に入りました。柄は獅子。おそろいの湯飲みができました。

 飛騨高山のお菓子屋さん、一緒に送られてきて大喜び。
こちらのお菓子、甘すぎずとても美味しい!

今回は時期のもの、栗よせです。栗の香りがたっぷり楽しめます。


調達食材 魚貝

4日目に小樽で仕入れた魚貝
生ものは難しいので、干物関係を中心です。

 鏻友朝市でゲットしたホッケ。肉厚ですよ。

 アメリカ産鰊のぬか漬け

 紅鮭の半身、切って真空パックのため小さな冷凍庫でも折って入れることができます。

 身欠き鰊。最近はソフト鰊が多いですが、やっぱりこちらの方が美味しいとのこと。

 干し貝柱、最近は中国の方が大量に買うため高騰しています。こちらの貝柱で、味は変わらないというので試しに買ってみました。

黒豆を煮てみようかなと思って、道の駅でゲット。250円です。。。。