Tuesday, February 13, 2018

松葉ガニ

今シーズンも松葉ガニを頂戴しました。
大阪で蟹といえば「松葉ガニ」。越前ガニとか、紅ずわいとか色々呼ばれますが、山陰の「松葉ガニ」以上のものはありません。

 2杯も頂戴しました

 まな板からはみ出ます

 蟹を食べた気になるのは、むき身をぱくぱく食べるとき。途中で身をとっていると食べた気にならないですよね。右が足の身、左は甲羅の下、味噌が少しからむので味噌の色がつきます

蟹の味噌、また、これがうまい!!!!



焼きそば

ごはんやパンがないときに便利な焼きそば
短時間でできて、腹持ちがいい。

 焼きそばだけでは悲しいので、なんちゃって生ハムと林檎

いつもの感じの焼きそば
コショウたっぷりの醤油味もうまいですよ。


ミートソース

時々食べたくなるミートソース。
ちょっと手がかかりますが、おいしいですよ。

 完成!!!おいしそう!!!

 合い挽き

 玉葱、人参、セロリを刻みます
ここがかなりの手間

 まず野菜を炒め

 挽き肉を加え

デミグラスソースを使います。これでコトコト。

大根の煮物

たまには大根を煮てみようかと。
以前はよく煮てましたが、最近はあまり作っていません。どうも、味に飽きてしまうようです。あまり美味しいと思っていないのかも。

 できあがり
いい感じでしょ

 大根を下ゆで

土鍋でじっくり煮込みました


ポテトのチーズ焼き

ジャガイモ好きなので、時々つくります。美味しくなるコツは、一度茹でたジャガイモを、フライパンで香ばしく焼くことですかね。色目をよくするなら、人参も同じように焼いて加えれば。

 完成したジャガイモのチーズ焼き
うまそうでしょ!

 茹でたジャガイモに塩コショウして両面を焼きます

 耐熱皿に並べ

溶けるチーズをオンして、オーブントースターへ


ほうれん草ベーコン

冬はほうれん草が美味しいので、簡単にベーコンと炒めます。

 ほうれん草を洗って、切って、炒めるだけ。簡単、簡単!

 鶏胸肉をマリネして、オーブン焼に。いい感じに焼き上がる様になりました。

お気に入りの牛蒡の浅漬け



なめた鰈の煮付け

大好きななめた鰈(北海道ではババガレイ)

 いい感じに仕上がりました。肉厚、うまいですよ。

美味しそうな切り身、これに引かれて買ってしまいます。


稲庭うどん鍋

寒くなってくると鍋をつくりますが、今回は稲庭うどんを茹でておき、豚肉、大根、蕪の葉、椎茸でお鍋に

 こんな感じでいただきます

稲庭うどんと椎茸

蕪の葉と大根


里芋の煮物

里芋の白煮です。お茶の稽古で出そうかと思って白煮を試しています。濃口醤油で煮ると灰色になってしまうので、薄口醤油と塩、砂糖に味醂で味を合わせています。

 いい感じに仕上がりました。色白美人!

 里芋

 皮を剥いて下ゆで

出汁に、薄口醤油、塩、味醂、砂糖を少し


散歩道のネコ

ブサかわ系のネコ。お散歩道のあるお宅の駐車場などで日向ぼっこをしています。ちょっと毛並みはいいけど、目つきが悪い気がしませんか。



オナガ

3連休も終わり、今日もいい天気です。窓からみる木々はほとんど揺れておらず、風もないようなので、陽射しを受けて、暖かい散歩が出来そうです。
少し前になりますが、こちらのきれいな鳥をはじめて散歩道で見つけました。「オナガ」という鳥で、わりと大きな体格をしています。
はじめて見つけ、写真にも収められたのでとてもうきうきの1日でした。

背中の羽が青いことと、マスクをしているような頭部。




Thursday, February 08, 2018

今回の仕入れ品

持ち帰ったものもありますが、一部は宅配してもらいました。

 小林牧場のチーズ
こちらのチーズかなりの優れもの。ブルーが秀逸、このこはどんな味でしょうか。

 中はこんな感じですよ

 厚岸でゲットしたゴーダチーズ

 小樽の市場のおばさんのホッケ

 ハラス

 紅鮭

銀だらの粕漬け

最後の昼食

時間通りに新千歳について、時間待ちを兼ねて最後の一杯

 〆はやはりサッポロ黒ラベル

 ザンギ、唐揚げとどう違う?

海老フライカレー


雪の小樽駅

今回、一番の懸案事項は旅行中新千歳がクローズドになってしまったこと。雪がひどいと小樽から新千歳に移動できるのかが、最大の心配事になっていましたが、行いがよかったのか、快晴の小樽でした。予定した快速エアポートで無事に帰京できそうです。

 小樽駅、石原裕次郎の写真、昔はやった服装がいい感じ

 ホームがこの感じで、最高でしょ。

 昔は右から書いていたのをご存知か?

 真っ白な構内、陽射したっぷりで最高です